評判の良い東京のリフォーム会社を一挙公開 » 家をキレイに保つ外壁リフォームガイドin東京 » 外壁とセットがおすすめ! 屋根塗装リフォームのポイント

外壁とセットがおすすめ! 屋根塗装リフォームのポイント

外壁塗装と屋根塗装リフォームを同時にやりたい6つの理由

1. 費用が安くなる

屋根のイメージ
屋根のイメージ

外壁や屋根の塗装は高所作業となるので、必ず足場を組むことになります。

足場の費用は業者によってまちまちですが、200m2で14~20万円程度がおおよその相場となっています。

外壁と屋根の塗装を別々にやると足場の料金は2回分かかることになるので、余計な出費が増えてしまうのです。

外壁と屋根の塗装リフォームを同時にやると、そのぶんまとまったお金が必要になるので負担が大きい……と思ってしまいがちですが、外壁と屋根の塗装を別々にやった場合に比べると、トータルの費用はむしろ安くなるのです。

2. 家の劣化を防げる

屋根と外壁はどちらも一年中風雨にさらされているので、受けるダメージはほぼ同じです。それにもかかわらずそのまま放置していると、塗膜がはがれて雨水が内部に染みこんでしまうおそれがあります。

せっかく外壁を塗装リフォームしても、屋根から雨水が浸入してしまっては住宅の劣化を食い止めることはできませんので、外壁を塗装するなら一緒に屋根の塗装も行ってしまった方が家を長持ちさせることができます。

3. 家の外観をきれいにできる

外壁や屋根は傷んでくるとだんだん色あせてきます。両方とも同じ色合いだと一体化してさほど目立ちませんが、外壁だけ塗装してしまうとその差は歴然。外壁がきれいになったぶん、屋根の古さや汚さが際立ってしまい、ちぐはぐな印象を与えてしまいます。

せっかくのリフォームの魅力も半減してしまうので、どうせなら屋根と外壁はまとめて塗装し、新築気分を楽しみましょう。

4. リフォームにまつわる手間ひまを省ける

外壁や屋根の塗装リフォームは足場を組んだり、塗料を塗ったり、業者が車などでひんぱんに出入りしたりするので、住宅の密集地では近隣へのあいさつが必要不可欠となります。

外壁と屋根の塗装を一度に行えば、あいさつ回りの手間も一回きりで済むので手間ひまかかりません。また、業者とのやりとりも一度で済むのがポイント。

外構のリフォームにあたっては、業者の選定から見積もりの依頼、下見の立ち会い、契約などいろいろな手間がかかるものですが、それらもまとめて行えるのは大きなメリットと言えます。

5. メンテナンス管理が楽

屋根と外壁をリフォームする時期は、どちらもおよそ10年程度が目安となっています。次回以降もそれは変わらないのですが、屋根と外壁の塗装リフォームを別々の時期に行うとメンテナンスの間隔がそれぞれバラバラになってしまい、一元管理できなくなります。

一度にリフォームしてしまえば、次回以降も同じタイミングで塗装すれば良いので、メンテナンス管理がぐっと楽になります。

6. 工期を短くできる

外壁塗装にかかる日数はだいたい7~10日、屋根塗装にかかる日数はおよそ4~6日と言われています。 ただし外壁塗装と屋根塗装をセットで行った場合、足場を組むのは一度でいいので、その分の日数をカットすることができます。 実際、外壁と屋根の塗装を同時に行った場合の工期は10~14日と言われており、それぞれ単体でやった場合に比べると1~2日程度工期を短縮できます。

外壁リフォームが
得意な会社はこちら