評判の良い東京のリフォーム会社ランキング

東京でリフォームを行う施工会社を徹底調査いたしました

リフォーム箇所別・施工会社 おすすめ3選in東京
  • キッチン
  • 浴室・水回り
  • 外壁
  • トイレ
  • リビング
  • フルリフォーム
HOME » 家をキレイに保つ外壁リフォームガイドin東京 » そもそも外壁リフォームとは

そもそも外壁リフォームとは

このページでは、外壁リフォームの内容や費用相場について調べています。

外壁塗装は、築10年を目安に行うのが適当と言われています。ではなぜ、外壁塗装が必要なのでしょうか?

  • 劣化を防ぎ、家を長持ちさせるため
  • 雨漏りなどを防ぐため

外壁塗装を行わずにいると、表面の汚れが目立つだけでなく、ひび割れやはがれ、カビ発生などの劣化が見られるようになります。

また雨漏りなど水の浸入は、事前に食い止めるのが鉄則。外壁内部で腐食を進行させ、家全体を傾かせる心配があります。断熱性も低下させるので、エアコンが効かなくなってしまいますよ。

早めに外壁塗装を行っておくことで、家は何倍も長持ちするようになります。また虫歯の治療と同じく、早めに対策を取っておけば、それだけ費用も安く抑えられるのです。

外壁塗装の費用相場

外壁塗装の費用は80~250万円と幅があります。

価格は使用する塗料により変動します。価格の安いアクリル系なら100万円以内で収まりますが、耐用年数は長くても10年程度。高級なフッ素やシリコン系は150~250万円程度まで跳ね上がりますが、耐用年数は倍近くなります。

とりあえずやっておきたいのか、1回で出来るだけ長くもたせたいのか、予算を鑑みながら自身の目的をはっきりとさせておくとよいでしょう。

外壁塗装の内容

では実際に、業者へ外壁塗装を依頼すると、当日はどのような作業が行われるのでしょうか。

  • 1.足場組み
    作業用の足場を組みます。別途費用が必要。
  • 2.高圧洗浄
    塗装部分を洗浄し、汚れやカビを落とします。
  • 3.養生
    塗料を塗らない部分が汚れないよう、ビニールなどで覆います。
  • 4.下地調整
    塗料を均一に塗るために、補修を行います、またサビの発生が気になる部分にサビ止めを塗ることもあります。
  • 5.外壁塗装
    外壁はもちろん、軒天や屋根を塗装します。下塗り、中塗り、上塗りの3度塗りが一般的です。

外壁塗装の期間は、一般的な住宅で2週間程度の時間を要します。天候の悪い日が続くとその分順延する可能性がありますので、梅雨の時期などを避けて実施するようにしましょう。

特集:外壁リフォーム業者おすすめ比較ランキングはこちら≫≫

東京で外壁リフォームするなら相場だけじゃなく助成制度もチェック

外壁をリフォームする際、助成制度を活用すると費用を安く抑えられます

この助成制度は地域により、助成金額の上限や適用される条件が異なるので、事前にしっかりチェックしておくことをおすすめします。

ここからは、東京で外壁リフォームする際にチェックしておきたい助成制度についてご紹介します。

東京の外壁リフォームの助成制度とは?

東京で外壁リフォームをする際には、助成制度を活用することができます。

ただし、市区町村によって助成制度の内容や適用条件が異なるので、実際に外壁リフォームする際は、事前に助成金額や条件を地域の役所などに問い合わせてください。

*中央区(住宅用自然エネルギー及び省エネルギー機器等導入費助成)

  • 適用対象:区内の建物で導入と支払いが平成30年3月30日までに完了していること
  • 助成対象:日照反射率が50パーセント以上の高反射率塗料を使用していること
  • 助成金額:導入額の20パーセント(上限額は10万円)

ちなみに窓用日射調整用のコーティング材やフィルムも規定条件を満たしていれば助成対象となります。 窓用日射調整用のコーティング材やフィルムの助成金額は導入額の20パーセント(70万円)です。

*港区(高反射率塗料等材料費助成) 

  • 適用対象:区内の建物で導入と支払いが平成29年4月3日から平成30年2月28日までに完了している。ただし、期間内であっても予算がなくなった時点で受付は終了される
  • 助成対象:仕上げのトップコートとして高反射率塗料やその下地を使用していること。ウレタンなどの防水材は対象とはならない
  • 助成金額:高反射率塗料の材料費もしくは助成対象面積(㎡)に2,000円をかけた金額どちらか低い方を助成金額とする

上限金額は個人の住宅であれば30万円、共同住宅の管理組合もしくは事業所用の建物であれば100万円です。

*品川区(エコ&バリアフリー住宅改修) 

  • 適用対象:区内の建物で初めてこの制度を利用し、区内の工事会社に外壁リフォームを依頼すること
  • 申込期間は平成29年4月3日から平成30年2月28日まで。ただし、期間内であっても予算がなくなった時点で受付は終了される
  • 助成対象:遮断性塗装や外壁耐熱パネル、日射調整フィルムの設置費用
  • 助成金額:区民であれば工事費用の10パーセント(上限額20万円)、管理組合やオーナーの場合は工事費用の10パーセント(上限額100万円)

*目黒区(住宅リフォーム資金助) 

  • 適用対象:区内にお住まいの方で平成24年4月1日以降、この助成制度を利用していない場合
  • 助成対象:外壁を含む、一般的な住宅の増改修、修繕などの工事
  • 助成金額:工事費用の10パーセントで、上限金額は10万円

東京で助成制度を申し込む流れとは?

東京で助成制度を実際に申し込む流れをご紹介します。 まず申請書や必要書類を市区町村の住宅課に提出します。

必要書類には、建物の所有者が確認できる固定資産税等納税通知書や工事見積書、建築確認済証、工事予定箇所の写真などが含まれます。 次に適用される助成が決定され、工事が開始します。

工事が完了しましたら完了後に提出する書類を住宅課に再度、提出します。 最後に助成金を受け取ります。

注意したいポイント

外壁リフォームの助成制度は、税金を滞納していると申し込むことができません。 また既にご紹介したとおり、市区町村により助成制度適用の金額や対象などが異なり、それぞれ必要な書類や手続きを行う必要があります。

東京で外壁リフォームをする際、助成制度を活用すると費用を数万円、場合によっては数十万円抑えることができます。

不明な点等は市区町村役所の住宅課にはリフォームの相談窓口などが設置されていることもあるので、問い合わせてください。

 
評判の良い東京のリフォーム会社ランキング