評判の良い東京のリフォーム会社を一挙公開 » リフォームで快適生活はじめよう!お家のお悩み解消法 » リビングが寒すぎる!
床暖房って後付けできる?

リビングが寒すぎる!
床暖房って後付けできる?

よくあるリビングのお悩み

暖房をつけても足元が温まらない

「暖房をつけているのに、家の中いつまでも温まらない。特に足元が冷たいので、冬場は靴下と暖かいスリッパが必須アイテムになっている」

断熱性を高めるリフォームは高すぎて予算オーバー

「断熱性能を高めるリフォームだと、結構お金がかかるから二の足を踏んでしまう。せめて床暖房を後付けするような工事はできないだろうか…」

リフォームで床暖房を後付けしよう!

リフォームした方に話を聞くと、「床暖房を後付けしたことが、とても良かった」という声をよく耳にします。

床暖房は、現代の住まい設備の中で人気のある商品のひとつです。

人気の理由は「足元が温まる」から。特に天井の高い家や吹き抜けのある家では、エアコンだけでは足元まで温まりにくいことから、リフォームの際に床暖房を後付けされる方が多いようです。

床暖房は部屋全体を暖める!

また、足元だけでなく部屋全体を暖めてくれるのも床暖房のメリットです。

暖かい空気は高いところに移動する性質があります。このため、床暖房の熱は高いところまで伝わり、部屋全体を暖める効果があります。

エアコンより消費エネルギーが少ないことから、省エネ効果も期待できます。

小さな子ども、アレルギー持ちの方でも安心

小さな子どもや高齢者のいる家庭でストーブを使用する際には、やけどや火災に注意する必要があります。床暖房なら、こうした心配もありません。

また、エアコンは室内の空気を循環させるため、ホコリを舞い散らすことがあります。これが、風邪の原因となったり、アレルギー疾患を生じさせたりする一因にもなります。床暖房なら無風ですから、ホコリが舞うこともありません。

安全性や快適な室内環境をつくるうえでも、床暖房にはメリットがたくさんあるのです。

床暖房を後付けする費用の相場は?

床暖房は、大きくわけると電気式と温水式の2種類があります。

設置が比較的に簡単な、電気式床暖房の費用は30~60万円程度。ガスボイラーが必要になる温水式床暖房の設置費用は60~80万円と割高です。

光熱費は温水式のほうがお得

設置費用は電気式のほうが安く済みますが、光熱費は温水式のほうが割安です。長時間使用される方は、温水式のほうがおすすめですよ。
なお、フローリング材によっては床暖房に対応していない素材もあります。その場合は、フローリングの張り替え工事も必要になってきます。

また、カーペットも素材などによっては床暖房の部屋で使えないこともあります。床暖房を後付けする際には、こうした費用が必要になるか確認したうえで工事費用の見積もりをとるようにしましょう。

床のおすすめのリフォーム会社や事例を見る