評判の良い東京のリフォーム会社ランキング

東京でリフォームを行う施工会社を徹底調査いたしました

リフォーム箇所別・施工会社 おすすめ3選in東京
  • キッチン
  • 浴室・水回り
  • 外壁
  • トイレ
  • リビング
  • フルリフォーム
HOME » 自然素材を使った家

自然素材を使った家

最近では、ナチュラルな暮らし、ロハススタイルといった言葉もよく聞くほど、自然に寄り添ったライフスタイルが注目されています。

それと同時に、人や地球に優しく自然素材をふんだんに取り入れた、住まいづくりを行う方も増えてきています。自然素材には、いったいどのような魅力があるのでしょうか。

安心の住まいに変える自然素材の魅力に迫る

一言で自然素材といっても、種類や特徴は様々です。ここでは、自然素材の基本的な知識を紹介します。

自然素材とは?

自然素材とは、化学物質を含まない建材のことを指します。

自然素材というと、無垢のフローリングや漆喰(しっくい)・珪藻土(けいそうど)の塗り壁を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。こういった自然素材の大きな魅力は、木や土の風合いや手触りが楽しめることです。

健康面ではもちろん、自然素材を取り入れたリフォームは、長い目で見ると経済的にも優しく、メリットが多くあります。

自然素材をリフォームで活用するメリット

自然素材リフォームをすると、住む人に優しく健康的な住まいづくりができます。

従来の住宅で使用されている新素材では、建材に含まれている化学塗料などの有害物質により、シックハウス症候群や物質過敏症などの症状を引き起こすケースも少なくありません。

こういった場合には、住まいから距離をおいたり有害物質を取り除いたりすることで、症状が軽減されることがあります。

また、自然素材は耐久性が高く、子供や孫の世代まで長く住み続けることができるので、長い目で見るとコストがかからず経済的です。 

主に使用される素材の種類

ここでは、主に使用される天然素材の種類をご紹介します。

素材名 用途 メリット デメリット
無垢材 構造材や内装材すべてに使用できる ・結露が出にくい
・シックハウスの原因のホルムアルデヒドが発生しない
・家屋の寿命が長い
・乾燥により、反りや曲がりが生じることがある
漆喰 主に壁材として使われ、消石灰が主材になります。 ・有害物質が含まれていない
・耐水性に優れている
・乾燥するとヒビが入ることがある
・施工に時間がかかるので、コストが高くなる
珪藻土 主に壁材として使われ、藻類の一種である珪藻の殻の化石によってできた土です。 ・耐火性、調湿性、消臭性に優れている ・乾燥するとヒビが入ることがある
・施工に時間がかかるのでコストが高くなる
セルロースファイバー 床下、天井、壁の内部に用いられ、新聞古紙を原料とします。 ・断熱性、湿気に強い
・気密性、防音性に優れている
・熱に弱い
・時間の経過とともに沈下や隙間ができる可能性がある
コルク材 タイルやシートなどの床材や壁に用いられ、ワインの栓にも使われています。 ・保湿性、断熱性、吸音性、調湿性に優れている ・日焼けにより変色しやすい
・独特の臭いがある

 
評判の良い東京のリフォーム会社ランキング