評判の良い東京のリフォーム会社ランキング

東京でリフォームを行う施工会社を徹底調査いたしました

リフォーム箇所別・施工会社 おすすめ3選in東京
  • キッチン
  • 浴室・水回り
  • 外壁
  • トイレ
  • リビング
  • フルリフォーム

トイレ

東京都内のお宅でトイレのリフォームをお考えの方におすすめのリフォーム会社を3社ご紹介しますので、費用などを比較し、希望に合った会社を探してみてください。

トイレの施工を得意とする東京のリフォーム会社

家族みんなが毎日使うトイレは、汚れが付きやすく消耗が激しい場所。老朽化してくると、お掃除も大変ですよね。比較的リフォームしやすい箇所でもあるので、まずはトイレから新しくしよう、という方も多いでしょう。

タンク有りタイプにするかタンクレスにするか、ウォシュレット付きにするかなどの要素でお値段も変わってきますが、排水の場所や上水道の水圧など、制約がある場合も考えられるのでリフォーム会社によく相談しましょう。

棟梁ドットコム

棟梁ドットコムのHP14年間でのべ20万件以上の施工実績を持つ会社です。大手の量販店から依頼を受けて施工を行っているなど、信頼感バツグン。狭いトイレや古くなってしまったトイレにも細やかに対応します。

多くの工事をこなしていること、TOTOのトイレに特化していることから大量仕入れが可能なため、高品質なTOTOのトイレが50%OFF以上となっています。

本体価格や工事費の他に、清掃費や廃棄処分費まで込みなので、金銭的にも安心です。

≪取扱いメーカー≫

TOTO

≪参考価格≫ ※工事費・清掃費・廃棄処分費込

  • TOTOピュアレスト QR:59,800円~
  • TOTO GG1 CES9413PX:116,000円~

費用の詳細はこちら

山商リフォームサービス

山商リフォームサービスのHP創業から30年で18,000件以上の施工実績を持つ、経験豊富なリフォーム専門会社です。

トイレのリフォームも数多く行っていて、希望をじっくり相談でき、グレードに合わせて商品や工事についてプランニングしてくれます。

 

≪取扱いメーカー≫

TOTO、INAX、パナソニックなど

≪参考価格≫

  • タンクレストイレ(手洗い+紙巻き+フロア貼り替え+基礎工事を含む)50万円前後
  • タンク付トイレ(ウォシュレット有、コンセント新設+基礎工事含む)30万円前後

費用の詳細はこちら

セイワビルマスター

セイワビルマスターのHP東京・墨田区でビルメンテナンスやクリーニングを行う会社としてスタートしたセイワビルマスター。マンションのリフォームや、トイレ・浴室の設備交換を得意としているリフォーム会社です。

設備を交換するだけではなく、手洗いや収納を設けたり、壁や床を張り替えたりといったトータルリフォームを提案しています。

 

≪取扱いメーカー≫

TOTO、INAX、パナソニックなど

≪参考価格≫

  • タンク付ウォシュレットトイレ 150,000円前後

費用の詳細はこちら

トイレリフォームするなら知っておきたい便利な10機能

1.温水洗浄だけを取り付けるリフォーム

TOTOではウォシュレット、パナソニックではビューティ・トワレという商品名で販売されているのが「温水洗浄」です。

温水洗浄には「貯湯式」と「瞬間式」の2種類があります。貯湯式は瞬間式より本体価格が1万円ほど安く、電気代は瞬間式のほうが年間1万円以上安いという特徴があります。

設置時のコストを抑えるなら貯湯式、ランニングコストを抑えるのであれば瞬間式がおすすめです。

温水洗浄付き便座単体なら1万円台から購入できます(取り付け費用別途)。

≪取り扱いメーカー≫ TOTO
パナソニック
LIXIL
東芝など
≪参考価格≫ 貯湯式 13,000円~
瞬間式 23,000円~

2.ふたオート開閉

トイレに入った瞬間にふたが自動で開き、トイレから出ると自動で閉まる便利な機能です。

センサースイッチをOFFにすることで手動開閉にも切り替え可能。手を汚さずにトイレのふたを開閉できるため人気の機能です。

オート開閉機能を付けたいときには、オート開閉機能付きの温水便座を設置するだけでリフォームできます。

≪取り扱いメーカー≫ TOTO
INAX
パナソニック
≪参考価格≫ 35,000円~

3.トルネード洗浄

洗浄時、トルネードのような勢いある水流を作り出し、汚れやすい便座後方もしっかり洗い流せる機能です。

こびりつき汚れを防止し、キレイが長続きします。トルネード洗浄がついている便器にはTOTOのネオレスト、ピュアレストなどがあります。

≪取り扱いメーカー≫ TOTO
≪参考価格≫ 100,000円~400,000円

4.瞬間暖房便座

センサーがトイレに人が入ったことを感知し、およそ数秒で便座を温める機能が瞬間暖房便座です。

今までスイッチのON/OFFが必要だった暖房便座をセンサー式にしたことで、電気代を大幅カット。無駄なく快適に利用できるようになります。

便座部分のみの交換であれば、安価にリフォーム可能です。

≪取り扱いメーカー≫ TOTO
パナソニック
≪参考価格≫ 60,000円~

5.夜間ライト

トイレ用の夜間ライトはセンサーライトが便利です。トイレ内だけではなく、トイレに向かうまでの廊下やドアの前にも設置することをおすすめします。

特に子ども・高齢者のいる家庭では、ケガをしないようセンサーライトをつけておくとよいでしょう。

ノーブランドのものであれば1,000円未満で購入できますが、トイレ全体の消臭・除菌をするシャープのプラズマクラスターイオン発生LEDライトは高価です。

≪取り扱いメーカー≫ ノーブランド各種
シャープ
パナソニック
≪参考価格≫ 1,000円~15,000円

6.脱臭・消臭

トイレの気になるにおいは、排泄時に出る瞬間臭と壁紙や床についた継続臭から出ています。

最新のトイレでは、排泄時のにおいを抑えるだけではなく、トイレに人が入ってから1時間後までトイレ本体がにおいを回収してくれるハイスペックなタイプもあります。

温水洗浄型では、脱臭機能はカートリッジ式のものが多く、定期的な交換が必要です。

いずれもトイレ便座のみ交換の簡単なリフォームで利用できるようになります。

≪取り扱いメーカー≫ TOTO
LIXIL
パナソニック
≪参考価格≫ 20,000円~

7.除菌水

水を電気分解し除菌成分が加わった水を洗浄に利用することで、トイレの汚れを防ぐことができます。

このリフォームによって掃除回数を軽減することができるでしょう。

≪取り扱いメーカー≫ TOTO
≪参考価格≫ 250,000円~400,000円

参考:『機能と特徴』TOTO<
http://www.toto.co.jp/products/toilet/neorest/feature/01.htm

8.鉢内除菌

鉢内除菌タイプに変更すると、プラズマクラスターイオンにより、トイレ内部の隅々まで除菌を行い清潔な状態を保つことができるようになります。

トイレ本体すべてを変えず、トイレ便座部分のみの交換でも鉢内除菌トイレにリフォームすることが可能です。

≪取り扱いメーカー≫ LIXIL
≪参考価格≫ 便座部分のみ交換 40,000円~100,000円
本体交換 100,000円~

9.フチなし便器

汚れのたまりやすい便器のふち裏をなくし、よりフラットな形状にしたトイレです。

掃除の手間が格段に減るため人気ですが、トイレ本体を交換する必要があるため、リフォーム費用はやや高めになります。

≪取り扱いメーカー≫ TOTO
パナソニック
LIXIL
東芝など
≪参考価格≫ 100,000円~

10.自動洗浄

トイレに座るとスイッチやセンサーが働き、立ち上がると自動で洗浄を行うのが自動洗浄機能です。

レバーやスイッチを触る必要なく洗浄でき、本体自体もすっきりと掃除しやすいのが特徴です。現在多くのメーカーで自動洗浄機能を取り入れており、トイレの本体ごとリフォームするのであれば導入しておくことをおすすめします。

≪取り扱いメーカー≫ TOTO
パナソニック
≪参考価格≫ 140,000円~
 
評判の良い東京のリフォーム会社ランキング